toohiiのお一人様がいい

1人が好きな男がいろいろと吐露します。

受験勉強なんて無意味と思っている人へ

f:id:toohii:20210629173807j:plain


 

こんにちは、toohiiです。

 

今、受験勉強をしている人の中で、

「こんな勉強意味あるの?」と思っている人へ向けた記事を書きますね。

 

 

受験勉強なんて無意味と思っている人へ

 

f:id:toohii:20210629173951j:plain

 

結論は、意味はあるです。

 

f:id:toohii:20210629170039j:plainええ、何で????

「受験勉強」なんて意味ないよ。無意味じゃない。

古典なんて古い言葉を覚えて何の役に立つの?

数学は?因数分解とか大人になってから使うの?

 

使ったことありません。

それは就いた仕事によると思います。

 

ぼくがいいたいのは、

受験勉強に取り組み、結果を出すこと自体に意味があるということです。

 

何かに取り組み成果を上げる。

それが求められる。

人生はその繰り返しだからです。

 

受験勉強をしている方もいずれは働きます。

そうやってお金を稼ぎ、それで生活をしていきます。

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん。

みんなそうやって暮らしてきたのです。

 

お金を稼ぐためには、

仕事で成果を出さなければその仕事を失うことになります。

それがわかっているからこそ、誰もが成果を出そうとするわけです。

 

成果とは、要求に答えることです。

 

お客さんから、「〇〇で困っているからいい解決法はないか」。

上司から、「売上を増やすためのいい方法はないか」。

会社の同僚から、「社内の△△についてそちらの部署でいい対策をとってもらえないか」

 

このような要求(このような問題ともいえる)に対して、

相手が満足する成果を出さなければいけないわけです。

そのためにはいろいろと調べる、どうすればいい結果が出るのかを考えて、

やってみる。

 

受験勉強もこれと同じです。

 

いい成果を出しから、いい学校に入ることができるわけです。

 

仕事でイメージできないのであれば、

野球やサッカーに置き換えてみましょう。

プロになることができるのは、

間違いなく学生時代に野球やサッカーでいい結果を出した人ですよね。

 

 

 勉強しなくちゃいけない内容が無意味と思っている人へ

 

f:id:toohii:20210629174124j:plain

f:id:toohii:20210629170039j:plain 受験勉強の大切さはわかってるよ。

でも、この勉強しなくちゃいけない内容が悪すぎないか???

古典なんて古い言葉を覚えて何の役に立つの?

数学は?因数分解とか大人になってから使うの?

 

すごくわかります。

 

でもね~。これはどうしようもないことです。

というのも、どんな試験をするのかを決めるのは相手側だからです。

 

これも受験勉強に限りません。

 

サッカーのプロになろうとした時、テストを受けるとします。

そのテストの内容を決めるのは受ける側ではないのです。

「そんなテスト意味ないだろう。」

と文句を言ったたところで、「だったら受けるな」と反論されて終わりです。

 

仕事だってそうです。

必ず会社に入るためには試験があります。面接だって試験です。

そこで何を試験とするのか決めるのは会社側なのです。

 

どこかに入ろうと思ったら、相手が決めた試験をクリアする必要がある。

世の中の鉄則です。

 

受験勉強は無意味ではなく良き訓練の場です 

f:id:toohii:20210629174354j:plain


何故こんなことを書いているのか。

それはぼくがそうだったからです。

受験勉強なんて無意味。そう思っていました。

 

受験勉強の大切さはわかっています。

それはいい高校にいった方がいい大学に行きやすいし、

いい大学にいった方が、いい企業に入りやすいからです。

 

お金持ちの人は高学歴の人が多いですよね。

一流企業の社員は大方一流大学出身ですし、

高収入が得られる医者や弁護士は受験勉強の勝利者です。

収入だけでなく、人から尊敬されます。

 

それに勉強ができる=頭がいい=カッコイイ。

 

それなのに、数学なんて役に立たない。

英語やっても話せるようにならない。

などといって集中できませんでした。

 

でも、社会人になって働くようになってからわかりました。

受験勉強は、将来いい仕事ができるようになるためのいい訓練なんです。

どうすれば成果が出せるのかをはやく経験できる場なんです。

 

何故か。

それは成果を出すためには、弱点を知らなければいけない。

それを克服する術を知らなければならない。

闇雲にやっても時間の浪費です。

適切な努力というのが必須です。

それが何なのかを知るための試行錯誤も必要です。

 

本当にやりたいことがある人はそれをやりましょう。

それは野球でもサッカーでも、ゲームでもいいです。

プロゲーマーになりたいのであれば、それをやればいい。

興味のあることはなんでもやってみればいい。

 

でも、そうではなく受験勉強をやると決めたのならば、それをやりましょう。

 

いずれは誰もが成果を出さなければならない状況になるのです。

だったら早めに経験値上げといた方がいいですよね。

 

そう思って取り組んでみてください。

 

ホイじゃ、また。