toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

確定申告をe-Taxでやってみました。速くて楽です。作業時間が3分の1になりました。

f:id:toohii:20210308141945j:plain

写真はわずらわしさのイメージです。

 

絶対にしなければいけないのに憂鬱だった

確定申告の時期ですね。

いつもならば締め切りは3月15日ですが、今年はコロナでの混乱を避けるために

4月15日まで延期されています。

とてもいい判断ですよね。

 

ぼくは毎年確定申告をしているので、

この時期はそのための時間を確保しなければなりません。

 

提出は代理人に頼むのですが、書類の作成は自分でしなければいけない。

 

これ、やったことある人ならわかると思うのですが、

面倒くさいんですよ。

絶対にやらなければいけないことなのですが、はじめるのが憂鬱で憂鬱で。

鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱。

 

ですが。

今年から「国税電子申告・納税システム」 通称e-Tax

やってみることにしましたところ・・・。

 

めちゃくちゃ楽でした!!!!!

 

楽な点①
必要最小限の入力しかしなくていい。
楽な点②
計算しなくていい。

 

紙の書類で申告書を作成する場合、冊子を見ながら、

第一表のア欄にAの金額を記入し、①欄にC又はG又はKの金額を記入し、第二表の「所得の内訳(所得税及び復興特別所得税源泉徴収税額)」の各欄に該当事項を記入しと。

冊子と第一表と第二表を行ったり来たりしなければならず、何度あれ?と思って手が止まるやら・・・・。

おまけにそこに電卓での計算が絡んできて・・・。

だいたい計算間違いしているし。

そしたらまたどこで間違えたか戻らなければいけないし。

正式な書類ですからボールペンで記入です。

そこで間違えようものなら、はじめからまた記入のし直しですよ。

 

あああああ、めんどくせえええええ。(うっせえわてやりたいわ)

 

 

それが・・・。 

e-Taxをやってみたらそんなわずらわしさが、飛んでいった。

f:id:toohii:20210308134442j:plain

 

紙だったらだいたい3時間以上はかかっていたのが、

1時間で済んでしまいました。

 

実はどうせ役所のやることだから、

計算はしてくれるだろうし、

提出に行く手間は省けるだろうけど。

他のところは紙に書くのと同じことをしなければいけないんでしょ。

電子申告することの意義をあまり感じられないような、

その程度のものに過ぎないんでしょと冷めて見ていたのですが。

わたくしの勘違いでありました。

申し訳ありません。

 

f:id:toohii:20210308154044p:plain

 

 

計算はまったくしなくていいわけではありませんが、本当にちょこっとです。

かなり楽に作成できるように考えられています。

こんなに楽ならば、もっと早くやっておけばよかったと思います。

 

確定申告が憂鬱だと思っている方がいるのでしたら、

e-Taxで申告することを考えてみる価値はおおいにありますよ。

 

 e-Taxに必要なもの

でも、はじめるには準備が必要ですし、お金もかかります。

必要なもの。

1・パソコンまたはスマートフォン

2・パソコンを利用する方ならば、ICカードリーダーが必要です。

(ぼくが、e-Taxをずっとやらないでいたのはこれが理由でした。検討したとき、これが高かった。しかし、今随分と安くなっています。1500~2500円くらいでしょうか) 

 ぼくは1599円でアマゾンで購入しました。

USBに差し込むだけですぐに使えました。

 

こういうのはご自身で使いやすいものを選ぶと思います。非接触型もありますよ。

 

3・そして肝心なのがマイナンバーカードです。

これがネットでの手続きに必要な電子証明書になるのです。

(その機能をつけることを忘れずに、申請しましょう。

つけない選択をすることも可能です。)

 

マイナンバーカードは受け取りまでに3週間から一ヶ月かかりますので、興味をもった方がいらっしゃいましたら、急いだ方がいいですよ。

 

 

e-Taxを利用する方法はいろいろあるようです。

ぼくがマイナンバーカードを使って、パソコンで申告することを選んだだけです。

始める前にご自身に合った方法を検討されるといいでしょう。

 

 パソコン+カードリーダー方式をやったぼくですが、

こんなに簡単ならばスマホでやってもよかったかなと思っています。

 

 

マイナンバーカードを申請するときの注意

 マイナンバーカードはスマホで手軽に申請ができます。

そのときに写真が必要なのですが、

この写真の不備で申請をやり直さなくてはいけないケースがわりと多いようです。

証明書の写真ですから、撮りに行くというのが本当はいいのでしょう。

ですが、それも面倒くさいという方には「履歴書カメラ」というアプリがオススメです。

 

履歴書カメラ

履歴書カメラ

  • Recruit Co.,Ltd.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

 

 

ぼくはこれで自撮りしたものを証明写真として使いました。

自分で見てまあまあの写真が撮れたと思っています。

 

使ってみると「枠線」が画面に出ます。

そこに顔を合わせるので簡単なんです。

(自撮りが苦手で、その写真を職場の人に見せたら

「オバケみたい」といわれてしまったことのあるぼくでも

このアプリを使えばまあまあの写真を撮ることができました。

だからオススメなんです。)

 

 

以上、「国税電子申告・納税システム」 通称e-Tax

は本当に楽でしたというお話でした。

 

ホイじゃ、また。

 

 

追記・3月22日無事還付金振込通知書が届きました。

           紙の書類での申請よりも1週間早いですね。

           作業が楽で、振込も早いのですから、やはり「e-tax」オススメできます。