toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

緑内障 手術後1日目

今回は「緑内障」について書きます。

以前に書いた 緑内障 手術の日 の続きです。

 

許可があるまでベッドを離れてはいけません

f:id:toohii:20201001135956j:plain

朝を迎えました。

すぐに看護師さんがやってきて、異常を感じることはないかなどを訊いてきます。

そういうものはおかげさまで感じませんでした。

麻酔がまだ効いているのか痛みもありません。

そこで、医師の許可があるまでは洗顔が禁止であることを伝えられました。

 

その後、ベッドに食事が運ばれます。

医師の許可が出るまでは食堂に行くことも禁止です。

とにかく出歩くことが禁止です。

 

食事は少し苦労しました。 

ぼくは普段メガネをかけていて、裸眼は0.03くらい。

とるとまったくぼやけてしまうので、メガネはかかせません。

ところが、手術をした右目には鉄製の眼帯がテープと包帯で固定されてしまっています。まともにメガネをかけることができません。

鼻にかろうじて引っ掛ける感じでメガネをかけての食事です。

非常にやりづらいですが、かけないよりは遥かにましです。

はたから見れば、非常にみっともないでしょうが、致し方ありません。

 

 

術後の状態

8時になると医師の診察です。

看護師さんに呼ばれた人から診察室前の長椅子に並びます。

きのう手術をした人たちが真っ先に呼ばれていました。

自分の番になり診察室へと入ります。

しっかりと固定された眼帯をベリベリとはがします。手術後、はじめて目を開けました。といっても、何か変化があるのかといえば何の実感もありません。

医師に術後の状態としてはまったく問題ない、と聞いてホッとして病室へと戻ります。

 

その途中、白内障の手術をした人たちの横を通りました。

その人達は口々に、

「わあああ、見える」「明るい」「こんなにキレイに見えるの」

と、よろこびの声を上げていました。

白内障の手術はこんなにもはやく結果が出るんですね。

少しうらやましく感じました。

f:id:toohii:20201001140200p:plain

点滴開始

病室へ戻ると、手術後の点滴というのがはじまりました。

これからしばらく点滴生活が続きます。

点滴をするためには体に針を刺さなくてはいけません。

いい大人なので我慢しますが、やはり刺されるときは痛いです。嫌なものです。

ぼくは血管がわかりやすいらしいのでいいのですが、同室の矢部さんはわかりにくいらしく、何度も何度もブスブス刺されて気の毒でした。

 

点滴がはじまると自然と睡魔がやってきて、眠ります。

 

大切なお仕事のはじまり

f:id:toohii:20200717170903j:plain

11時くらいになると看護師さんがやってきました。

「今日から大切なお仕事があります」と言います。

それは何かといえば、目薬です。

 

手術後の目薬を4本、一日に4回ささなければいけません。

起床時間の6時。11時。16時。就寝前の20時です。

 

まずは手をキレイにします。手を洗うか、もしくは備え付けのアルコールを両手になじませます。(つまり、ぼくはコロナの前からそういう生活です)

 

次に眼帯をはずします。

 

その次に、用意するように指導されていた洗浄綿で、目を拭きます。

 

点眼します。

 

5分以上待って、別の目薬をさします。

 

4本全部をさし終わるまで、その繰り返しです。

 

慣れるまでは、看護師さんが「目薬の時間ですよ」と教えに来てくれました。

f:id:toohii:20201001140019p:plain

 

 

ひたすら眠れる

朝の医師の診察。食事。排泄。目薬。

これ以外はひたすらに眠りました。眠れてしまいます。

出歩くことが禁止されている状態ですが、そもそも出歩きたいとも思いません。

点滴に、睡眠薬が入っているのか、それともわずかにしか切っていなくても、体にとっては負担なのか、とにかく眠れました。

f:id:toohii:20200911114252p:plain

 

 

www.toohii-solo.com

 

 

www.toohii-solo.com