toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

受験勉強の失敗。やらない方がいいこと。

失敗の多い人生を送ってきました。

 

というか、失敗しかしていない。

中学くらいからずっとではないかと思います。

 

f:id:toohii:20200904210205j:plain

皆さん(または皆さんのお子さんお孫さん)にはそんな失敗ばかりの人生を送って欲しくありません。

そこで、ぼくの失敗談を知っていただくことで、

これはやっちゃいけないんだなと思ってほしいのです。

 

今回はまず受験勉強編です。

高校受験・大学受験を通してやってしまった失敗を公表します。

 

 

 

勉強のやり方が間違っていた

ぼくはまあまあの教育熱心な家庭に育ちました。

父親は税理士の資格を取得し、社会的地位も収入もよその父親よりも高く、それを見て育ったぼくは勉強ができた方がいいことはよくわかっていました。

 

だからこそ、勉強には熱心に取り組みました。

 

ところが、成績はのびることはありませんでした。

 

 

f:id:toohii:20200828095217p:plain

 

勉強ができなかったと聞けば、

 

そもそも勉強をしなかった。

勉強をさせてもらえなかった。勉強ができる環境ではなかった。

 

そのいずれでもありません。

 

自分の取り組み方が明らかに間違っていたということでしょう。

では何がいけなかったのか。

 

やってはいけないこと① あれもこれもと手を出す

 

やってもできないので、不安ばかりが頭をよぎります。

この参考書でいいのかな????この問題集は良くないのでは???

そんな理由をつけては中途半端なままで投げ出し、別のものをやりはじめる。

またしばらくすると、それも投げ出し、新しいものに手を出す。

 

こんなことをやっていては身につくはずがありません。

 

まずは1冊を完璧に仕上げることが重要です。

 

今思えば何やってんだよ!!!!と呆れるのですが、当時は気持ちが焦るばかりでそんなことを繰り返していたのです。

 

f:id:toohii:20200905184935j:plain

 


やってはいけないこと② 成果が上がらない勉強法をやり続ける

 

ぼくが受験生のころはよく「書いて覚えろ」という指導がされました。

だからぼくも一生懸命に書きました。何度も何度も。

ところが、成果が出ない。

ならば方法を変えなければいけないのに、それをしませんでした。

 

書いて覚える方法も合っている人がやれば成果が出るのでしょう。

だからそういう指導をする人も多かった。

ぼくはそれを鵜呑みにし、ひたすら繰り返してしまいました。

言われたことをひたすら守り続けることが、まじめに取り組むことだと思い込んでいました。

 

f:id:toohii:20200905185031j:plain

(少し横道にそれますが、これって仕事ができない人のパターンのひとつです。

彼らは仕事にまじめに取り組んでいないわけではありません。

すごくまじめに上に言われたことを守り続ける。

上に言われたことだけしかやってはいけないと思っている。

まじめを履き違えているといっていいかもしれません。

疑うことなく、自分で考えない、自分で工夫をしない、自分のやり方を身に着けない)

 

 

「もっと自分に合ったやり方があるはずだ」と疑い、他のやり方を探すべきでした。

 

 

今はネットがありますから、かつてよりもずっと容易に様々な勉強法を探すことが可能です。どうか、自分に合った勉強法を見つけてほしいものです。

 

やってはいけないこと③ 実はやった気になっているだけ

 

いっぱい書いてみたり、教科書にいっぱい線を引いてみたり。

体力をつかって少し疲れる。

なんとなくやった気になるんです。でもそれ、本当にやった気だけです。

実は身についていない。

今勉強したことを理解できたのか、記憶できたのか、をチェックしていませんでした。

 

 

このようにスカスカの勉強法を何年も繰り返していただけでした。

それなのにぼくは、どうして成績が上がらないのだろうと悩んでいました。

 

今振り返ってみれば上がるはずがありません。

 

 

f:id:toohii:20200905190537j:plain

受験勉強や学校の勉強が役に立つのか

 ぼくが受験勉強をしているころは、この受験勉強というのが本当に役に立つのかという議論がありました。役に立つことを教育しているのかと。

その議論が今あるのかどうかは知りません。

受験勉強は、ある人には役に立ち、ある人には役に立たないものだということになると思います。

 

ただし、受験勉強に取り組み、成果を出すということ自体はとても役に立つでしょう。

野球やサッカーで成果を出すのといっしょです。

何の成果も出していない者と、何らかの成果を出した者では、どちらが歓迎されるでしょか。

 

 

どの社会で生きていくのだって成果を求められるのです。

成果を出すためにはどうすればいいのかを常に考えて行動できる者。

一定水準の成果を出せる者。

そういう人が優遇されるのです。

 

受験勉強に対してモチベーションが上がらない人は、それを思ってがんばってください!