toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件 

今回は小説の紹介をします。

『〇〇〇〇〇〇〇〇殺人事件』という作品です。著者は早坂吝さん。

以前にこのブログで『殺人犯 対 殺人鬼』という小説を紹介しましたが、

それがおもしろかったので、同じ作者の別作品を読んでみました。

 

 

早坂吝さんのデビュー作にあたる作品です。

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

 

 

 

この作品の一番の特徴

 おもしろい趣向の作品です。

タイトルからもわかるとおり、ミステリなのですが、

ミステリといえば「誰が犯人か?」「どうやってそれをした?」「それをした理由は何だ?」を探っていくものですよね。それも当然あるのですが、

この作品の一番の特徴は、

「タイトルを当てよう」です。

 

「○」がズラズラっと8こありますよね。

そこに入る文字は何でしょーーーー。

物語を読んで、当ててみてね、とうのが狙いの作品です。

 

なんだか楽しそう。

 

そう思った方はぜひ読んでみてください。

 

なんだか楽しそう。その気分のままワクワクする感じで読んでもらうと、

一番楽しめる作品ではないかなと、思います。

 

なんといっても舞台は南国なんです。

照りつける太陽と海。大自然

いろんなものを脱ぎ捨てて飛び込んでしまえ!!!!!

 

f:id:toohii:20200815101317j:plain

南国リゾートを楽しむ気持ちで読むといいでしょう。

 

 


はじまり

 語り手は沖健太郎。区役所職員です。

有給休暇を駆使して6連休をつくり向かうは小笠原諸島

しかも、再従兄弟島という夫婦が2人だけで住んでいるという、

プライベート・アイランドにいくのです。

どうしてそんな特別な体験がこの一役人にできるのか。

それはブログ。

フリーライターである成瀬という男が、人跡未踏の山奥や海岸への冒険記をアップしているブログです。そこにアウトドア派の僕(語り手の沖健太郎)が、共鳴し書き込みをするようになった。

自然を満喫するならば秘境に限る。それほどのアウトドア派である人種はマイノリティなわけでして、常連は7人だけ。

その気の合う7人で会おうという話になったわけです。

その中の一人がプライベート・アイランドを所有する大金持ちの黒沼。

彼が常連たちを島に招くことになったというわけです。

それも今回で4回め。

 

メンバーは僕。

小野寺渚。大学院生。女性。

浅川史則。医師。男性。

中条法子。弁護士。女性。

成瀬瞬。フリーライター。ブロガー。男性。

 

迎え入れる黒沼重紀と深景。夫婦。

 

これがいつもの面子なのですが、今回は成瀬が彼女を連れてきた。

上木らいち。女性。

 

がんじがらめになっている世間体みたいないなものを脱ぎ捨てる、楽しい楽しいバカンスのはずなのに、

一言の断りももなく新しいメンバーが加わることで、一瞬嫌な空気になるのですが・・・。

 

メンバーを乗せ、船は小笠原諸島へ向けて出航します。

 

第一の殺人

出航後、犯人Xの視点ですでに殺人が行われたことがわかります。

船ではなくターミナルでそれは行われました。

 

実はこれは練習問題なんです。

「タイトル当てをやってみよう」とう形式に慣れるために用意された挿話です。

 

親切設計ですよね。

 

18ページ程度のショートミステリとしてもお楽しみいただけます。

 

出迎えた男

目当ての再従兄弟島につくと黒沼重紀が出迎えます。

それを見て初参加の上木らいちは小さな悲鳴を上げます。

無理もありません。

重紀の頭部全体を白い、のっぺりとした仮面が覆っているのですから。

 

白い仮面といえば・・・。

「針と糸の密室」もありますし。

ダイイング・メッセージもあります。

 

そして起きてしまう第2・第3の殺人事件。

 

明かされる驚愕の真相。

 

あなたは犯人を当てられますか?

タイトルを当てられますか?

 

途中、「ここでたちどまって考えてみよう」みたいなページが差し込まれます。

それに乗っかって、よく考えてみてください。

真相はわからなくても、ヒントのおかげで一部はわかるかもしれません。

 

是非、挑戦してみてください。

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

○○○○○○○○殺人事件 (講談社文庫)

 

 

 

 

 

感想。ネタバレ注意報。

ここからさきは、ネタバレしておりますので、お読みになる予定の方は絶対に読まないでください。

 

 

f:id:toohii:20200814101359j:plain



 

 

 

感想。

誰がわかるんじゃいいいいいい。

アウトドア派って、そういうアウトドアかいいい。

わかるやつその手の趣味のあるやつだけやろう。

 

真相がわかったときは絵が浮かんで、笑ってしまった。

ミステリでの一番の緊迫したシーンで、何してんだよおおお。

緊張と緩和が過ぎる。

 

 

南国リゾートのハッピーさをそのままミステリに仕立て上げたようで楽しめました。

 

 

男女を混ぜたことがうまい。

健太郎と渚がはにかんでいる感じが、見事に隠している。

(本当は隠してないけど)

医師といったらそれをすぐに思いつく人少ない。

 

バカバカしい真相だが、一つ一つはしっかりとした理屈が成立していて納得。

 

最後の一行で「〇〇〇〇」に入る文字が明かされるのだが、

真相が衝撃的すぎて、タイトル当てのことはすっかり忘れておりました。

 

 

f:id:toohii:20200814101432j:plain