cript data-ad-client="ca-pub-4680143063823451" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

成長したければアウトプットをしようよ。

 

勉強はしているのですが、成長してません。

 

社会人の一日の勉強時間が約6分だって!?

 

平成28年総務省の社会生活基本調査によるとそうらしい。

さすがに、少なすぎでしょう。

 

他にも30分という説もあります。それでも少なすぎでしょう。

 

ぼくはさすがに一時間は確保するようにしています。

休日はもっと多めです。

本は一冊は必ずカバンに入れていますし、

スキマ時間があればスマホで何らかの調べ物をします。

 

年収の高い人ほど勉強をしているという話がありますしね。

勉強は常にした方がいいということでしょう。

 

でもねええ。

ぼくは全然収入が増えないんですよねええ。

 

それどころか下がっている。

 

f:id:toohii:20200724150038j:plain

 

 

これって原因はアウトプットをしていないからだそうです。

それで、読んだそばから忘れていく。

忘れるから何もしない。

何もしないので変わることがない。

 

最近読んだもので愕然とした一文があります。

「読書とは自分のアウトプットを良くするためにするものだ」

 

こういう視点まったくありませんでした。

 

 

読まなきゃ、読まなきゃ、読まなきゃとインプットばかりがいけなかったのです。

それでは成長につながらない。

 

と、いうわけでぼくはこれからもっとアウトプットをしていくことにしました。

 

 

 

学びを結果に変えるアウトプット大全

学びを結果に変えるアウトプット大全

 

     ↑

「知っているよ!」という人も多いでしょう。

ぼくは、はてなでやってる先輩の記事で知りました。

これに書かれてあることを実践していこうと思います。

 

この本にまず書かれてあること。

1・読書をするのはインプット。

 その感想を話したり、書いたり、内容をもとに実際に行動する。

 これがアウトプット。

 これをしてはじめて「現実世界」が変わる。

 

2・インプットはただの「自己満足」。

 「自己成長」はアウトプットの量に比例する。

 

3・アウトプットとは運動。運動するから身につく。

 

4・2週間に3回使った情報は長期記憶される。

 アウトプットは情報を使うので情報が定着する。

 

5・インプットとアウトプットを繰り返す。

 成長の螺旋階段の法則。

 

6・インプットとアウトプットの黄金比は3:7。

 インプット時間の2倍をアウトプットに費やすように意識しよう。

 

7・アウトプットの結果を見直し、次にいかそう。

 インプットをしたら、アウトプット。

 その後行う大事な大事なフィードバック。

 

 アウトプットで得られた結果を評価して、それをもとにインプットに修正を加える。

 これをしないということは、試験で間違えたところをそのままにしておくの同じ。

 これでは意味がありません。

 

8・効果的なフィードバックの方法。

 ①短所を克服する。長所をのばす。

 ②広げると深める。

  はじめは浅く広く。その中で興味をもったところを深めていく。

  知識を広げていきたいのか、深めていきたいのかを意識する。

 ③「なぜ?」を解決する。

  「なぜうまくいかないのか」「なぜこうなるのか」この疑問を放置しないで

   今すぐ解決するクセをつけよう。

 ④人からアドバイスをもらおう。

  そのためには③をしっかりとやっておこう。

 

9・アウトプットのメリット。

 

冒頭の37ページでこれだけの有益な情報が載っています。

 

自分に照らし合わせてみる。

アウトプットをほとんどやっていない。インプットばかり。

これでは自己満足であると反省し、アウトプットをしていくことにしました。だから今この記事を書いています。

 

フィードバックの重要性。

 

インプットをしたらアウトプットを繰り返せとあったので、

これをすればいいのかと思ったら大間違い。

それでは同じところをぐるぐると回っているだけだよ。

     ↑

これってぼくの人生そのもの。

だから駄目なんだよなああ。

 

単純に考えすぎて、闇雲にやってしまう。

そうではなく、フィードバック。

 

次のインプットをいかにするかも考えていかないといけませんね。

 

ちゃんと実行して成長していきたい。

 

f:id:toohii:20200724162249j:plain