toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

緑内障と診断されてしまった方へ。

目次

 

一番大切なことは治療を止めないことです。

緑内障と診断されてしまった方へ」というタイトルですから、

この記事を読んでいる人は、最近そう診断された方が多いのではないかと思います。

 

ぼくは10年以上の緑内障患者です。

その経験から緑内障の治療で一番大切なことをまず書きます。

それは、治療を止めないことです。

 

緑内障というのは自覚症状がない目の病です。

それ故に治療していてもその効果が実感できない。

 

これがとても大きな障壁となります。

おそらく点眼薬を処方されて使いはじめていると思いますが、

はじめのうちはまじめに点眼します。しかし、いかんせん張り合いがないんですね。

血圧ならば血圧計をつかって自分でチェックすることができるのですが、

そういうことができない。

モチベーションが続かない。

もっといえば、本当に自分は目の病気なのだろうかと疑問に感じてしまう。

その考えに陥ってしまい、治療を止めてしまうのです。

点眼薬を止め、通院を止める。

 

その間に病気はゆっくりと、ですが確実に進行していきます。

気づいたときには失明です。

 

今ショッキングなことをあえて書きました。

注意喚起のためです。

失明とまではいかなくとも生活に支障が出る。

 

何故こんなことを書くのかというと、

緑内障であることを知らないままある日突然失明。

このパターンが多いらしいのです。

 

緑内障だとわかっただけでも幸運だったと思った方がいいのです。

せっかくわかったのですから治療を続けて進行を食い止めましょう。

 

実感がわかない方は視野検査を受けましょう。

自分が緑内障という目の病気だといわれても、

全くその実感がわかないという人が多いと思います。

ですから自分の現状を知るためにも視野検査をぜひ受けてみてください。

緑内障は視野が欠けていく病気です。

円を思い浮かべてください。それが人が見えている範囲だとします。

その円の中でところどころ見えなくなってしまう。

それが視野が欠けるということです。

自分の視野がどれくらい欠けている(なくなっている)かを知るのが視野検査です。

 

やり方は中心にある光を見続け、決して視線を動かさない。

その状態で回りに出る光が見えたらボタンを押す。それだけです。

でもそれによって視野がどれくらい欠けているのかを知ることができます。

なんとなく検査の仕組みがわかっていただけたでしょうか。

結構単純ですよね。

 

この検査を受けることで、自分がどれくらい視野が欠けているか実感できます。

ぼくの場合ですと中心から下に出る光はよくわかるのですが、上に出る光はあまりわかりませんでした。

はじめて視野検査を受けたときは、「あれ?検査終わったの?」と勘違いしてしまうほどに光が見えませんでした。

視野が欠けてしまっているので見えなかったのです。

 

検査が終了すると画像がでますので、見せてもらってください。

自分がどれくらい見えていないのかを確認しましょう。

 

検査をしているときの体験と画像で病気であるという実感がわくと思います。

 

中にはかなり進行してしまっている人もいて、とてもショックを受けると思います。

でも、気を落とすことなく、もし病気だと知らずにいたらもっともっと大変なことになっていただろうと思ってください。

“これ以上の進行を止める”と気持ちを切り替えてください。

 

セカンドオピニオンを求めるのもいいでしょう。

治療は医師を信頼することから始まります。

信頼できる医師を探す意味でも、可能ならば他の眼科を受診してみてください。

 

緑内障のことを知りましょう。

病気については医師から説明があると思います。

数ページ程度にまとめられた冊子をもらうと思います。

図をつかってわかりやすく書いてありますのでよく読んで理解されるといいでしょう。

ネットでもわかりやすいサイトが多くあります。

まあ、このページにたどり着いたということは、そのあたりのことを今やっている最中ですよね。

 

このサイトでは、

ぼくの10年以上の経験を記憶している限り書いていこうと思っています。

自分が理解している範囲で解説もしていこうと思っています。

皆さんの治療の手助けになっていただけたらいいなと思っています。

 

最後に、もう一度いいます。

治療を止めないで下さい。

 

たった一滴の目薬があなたを救います。