cript data-ad-client="ca-pub-4680143063823451" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

edda 探偵が早すぎる

 今日紹介する音楽作品はeddaです。「えっだ」と読むようです。

 

知ったきっかけは、日本テレビ系木曜ドラマ『探偵が早すぎる』の主題歌に使われていたことです。

「フラワーステップ」という曲だったのですが、すごく気になりましたね。

イントロからストリングスが演奏したままダンスする映像が浮かんでしまうサウンドでした。

 

eddaはバンドではなく、一人の女性シンガーソングライターです。

eddaとは、昔の出来事、物語を伝える伝記・書物といった意味があるようで、

ストーリーテラーのように物語を伝えるような音楽を創りたいという思いをこめているそうです。

 

その思いの通り、子供のころに読んだ豊かなおとぎ話を思い出させるかのような曲の数々が楽しめます。

 

アルバムの一曲目が大きなからくり時計が動き出すの音ではじまりますので、

それでもう音楽という名の物語(または物語という名の音楽)の世界へ

引き込まれます。

 

 

からくり時計とタングの街 (通常盤)

からくり時計とタングの街 (通常盤)

  • アーティスト:edda
  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: CD
 

ジャケットのアートワークも彼女自身が手掛けているようですよ。

 

 


edda 「フラワーステップ」- Flower Step - Music Video

 

 

日本テレビ系木曜ドラマ『探偵が早すぎる』もおすすめです。

主要メンバーは3人。

早すぎる探偵の千曲川光(ちくまがわひかる)。滝藤賢一さんが演じています。

早すぎる、というのは被害を未然に防ぐという意味です。

非常に優秀な探偵ですが、変人です。

その変人ぷりを滝藤賢一さんが見事に演じています。

キャラのイメージとしては阿部寛が演じた「トリック」の自称天才物理学者上田次郎に似ていますね。

ヒロインの十川一華(そがわいちか)。広瀬アリスさんが演じています。

突如、父親の資産5兆円を相続することになったことで命を狙われます。

探偵の千曲川との子供レベルの言い争いが毎回見ものの一つになっています。

清純派として世に知られた広瀬アリスさんですが、このドラマではコメディエンヌとしての才能を見せています。

橋田政子(はしだまさこ)。水野美紀さんが演じています。

一華の母親代わりの家政婦ですが。常に無表情で、動きもロボットのようです。

とても倹約家であり、5兆円を相続するとは思えない質素な生活を一華に強いています。彼女は一華のボディーガードも兼ねており、アクションも見せています。

彼女自身も優秀な探偵のようで、常に他人を見下している千曲川も認める存在です。

「君に調べられない物はない」と言わせています。

 

この3人のキャスティングの妙。

おもしろくなるに決まってる、、といったところでしょうか。

 

他にも馬鹿馬鹿しい要素が散りばめられていて物語を盛り上げてくれます。

 

しかし、何といってもこの物語の見どころは「トリック返し」です。

一華を狙う殺し屋が仕掛けたトリックを未然に見破り、そのトリックを

殺し屋に逆に仕掛ける。これが「トリック返し」。

 

 探偵ものミステリーものでは、「今回はどんなトリックが」と期待するのですが、

この物語はそれをもうワンステージ上げたかのような。

「どんなトリックをやり返すのか」と期待させます。

 

人気があったようで、2019年12月には、スペシャルドラマが前編・後編と

2回に分けて放送されました。

相変わらずのおもしろさ。常連のお店に行くような「これこれ、これがいいんだよね」といった感じで見れました。

 

ドラマ「探偵が早すぎる」はAmazonプライムビデオでも見ることができます。

 

Amazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオ

  • 発売日: 2020/04/18
  • メディア: アプリ
 

 

 

第1話

第1話

  • 発売日: 2018/07/21
  • メディア: Prime Video
 

 

2020年4月26日現在では、プライム会員特典にはなっていないようです。

(見るのにお金がちょっとだけかかるってことだよ)