toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

泳ぎが苦手な人へ。コツをひとつ。

どうも~。

 

運動神経悪い一般人のtoohiiiで~す。

 

キャッチボールできませーん。

ボウリングをすればガーターでーす。

バレーボールのサーブも入ったことありませーん。

 

f:id:toohii:20200414191907p:plain

こんなぼくですが、実は水泳はできます。

習ってましたから。

(てことは、ぼくは教えてもらえばスポーツできるようになるのか?

自分でやりながらつかむのが苦手なだけなのか?)

 

 

泳ぎが苦手な人の特徴のひとつとして

「息つぎができない」

というのがあるのではないでしょうか。

 

あれのコツを教えよっかなあと思っています。

 

なんでお前みたいなキャッチボールもできないやつに、

教えられなきゃならないんだ!

そう思う人もいるでしょう。

 

いや、水泳はできるんですよ。

小学一年生から、中学三年生までやってましたから。

リレーメンバーだったんですよ。

リレーは速い奴しか出られないんですから。

 

だから聞いて欲しいな。

 

「息つぎ」できない人はね。

勘違いをしているんですよ。

 

息を吸おうと顔を上げたときに、

吐いて吸おうとしていませんか?

 

当たり前だろ!お前何言ってんだ!

そうに決まってんだだろ!(怒怒怒怒)

 

と聞こえてきそうですが・・・。

 

いやそれが違うんですってえええ。

 

話を少し変えましょう。

 

歌を歌ったことはありますよね。

カラオケがお好きな方もいると思います。

あれにも「息つぎ」が必要ですよね。

 

その時に、吐きますかって訊いているのです。

吸うだけじゃないですかって訊いているのです。

 

吸うだけですよね。

吸うだけですよね。

吸うだけですよね。

 

何故なら、歌うときに息を吐いているからです。

もう吐き終わっているのです。

 

それを泳いでいるときにもやればいいのです。

 

つまり、

 

顔を水につけている間は、

息を吐き続けてください。

 

そうすれば、顔を上げた瞬間にごく自然に息を吸うことができます。

 

顔を上げたときに、吐くと吸うをいっぺんにやろうとするからできないのです。

 

 

さあ、そうと分かれば練習してみましょう。

洗面所やお風呂で簡単にできます。

 

顔を水につけてそのときにフーと吐く。

顔を上げて、バッと吸う。

 

フー、バッ。フー、バッ。を繰り返しましょう。

 

こんな練習を水泳を習い始めたころにプールでやったのを思い出します。

 

吐いたら吸うというごく当たり前のことですから、

わりとすぐにできるようになると思います。

 

わざわざ洗面所や風呂を使わなくても、

部屋でソファーに座りながらとかでもいいですしね。

吐くときは水に顔をつけていると思いながらやればいいのです。

 

キャッチボールできない。
ボウリングをすればガーター。
バレーボールのサーブも入ったことない。

そんなぼくでもできるのですから。

 

運動神経がぼくよりははるかにいいみなさんのことですから、

きっとすぐにコツをつかんで泳ぎも上達すると思います。

 

f:id:toohii:20200414202214p:plain