toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

貴志祐介さんが書いた1000年後の世界 (SF ファンタジー そしてホラー)

 ぼくが今まで読んだ中で一番面白かった小説を紹介します。

新世界より貴志祐介

 

2008年の1月に発表されて以来、ぼくは何度もこの作品を読み返しています。

2021年の1月現在も再読中です。やっぱりおもしろいと言い切れますね。

 

この物語にぼくなりのキャッチフレーズをつけるならば、

『痛快超能力ファンタジー

されど、読後にホラーと気づく』

 

物語は1000年後です。

その中で人々はみんな神様と呼ばれています。

何故か???

人類は超能力を手に入れているからです。

彼らは超能力が使えないバケネズミという生物を使役しています。

そのバケネズミたちから神様と呼ばれているのです。

 

f:id:toohii:20210109161848j:plain

 

 

主人公は早季。12歳、14歳、26歳の場面があり彼女の成長物語でもあります。

 

主人公は超能力の使い方を学ぶために学校へ行きます。

そこで出会った覚、真理亜、守、瞬と仲良しグループをつくります。

そのあたりは甘酸っぱい青春恋愛ドラマでもあります。

 

学校では様々な授業で超能力を学ぶのですが、

ぼくたちの学校生活と同じように、上手くできない子が出てきます。

その子たちはいつも間にか・・・。

 

子供たちは昔話の形で「悪鬼」「業魔」という存在を知ります。

鬼や悪魔のような扱いですが、それっておとぎ話のキャラクターではなく、

本当に存在している?

・・・・。

 

夏季キャンプで遭遇してしまった先史文明の端末機械。

それから知った禁断の歴史。

自分たちが信じてきたもの、いや、

信じ込まされてきたものは・・・。

 

物語は「上」「中」「下」で構成されています。

つまり三冊。

三冊も読むのかと嘆く人もいるかも知れませんね。

しかし!!!

嘆くなかれ。

たっぷり三冊楽しませてくれる。

 

重厚な物語を是非。

 

新世界より(上) (講談社文庫)

新世界より(上) (講談社文庫)

  • 作者:貴志 祐介
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 文庫
 

 

 

新世界より(中) (講談社文庫)

新世界より(中) (講談社文庫)

  • 作者:貴志 祐介
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 文庫
 

 

 

新世界より(下) (講談社文庫)

新世界より(下) (講談社文庫)

  • 作者:貴志 祐介
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: 文庫
 

 

 

ここからは、ネタバレ注意報です!

 

 

この物語は、自分たちの過去の残酷な歴史を知る恐怖。

どれだけ押さえつけようとしても、出て来てしまう「異常な子供」への恐怖。

完全に奴隷化していた者たちから反撃を喰らう恐怖。

などが描かれているのですが、それだけではないんですね。

 

襲ってくるものたちと主人公は果敢に戦い、克服していきます。

手に汗握る、ハラハラドキドキの痛快冒険活劇なのです。

 

ですが、

バケネズミという奴隷階層を作り出し、

それを正当化している社会構造こそが一番の恐怖ではないのかと

本を閉じたときに思ったのです。