cript data-ad-client="ca-pub-4680143063823451" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

toohiiのお一人様がいい

おそらくソリタリーのぼくの雑記

本の紹介

あの「グリコ森永事件」をモチーフにした小説『罪の声』

今回紹介する小説は『罪の声』です。作者は塩田武士さん。 この小説はかつて日本で実際に起きた「グリコ森永事件」をモチーフにしています。 ja.wikipedia.org お菓子に毒を入れてばらまいたという事件です。 子供が学校から帰って来て親からおこづかいをも…

トップミュージシャンの死の真相とは!?

今回は本の紹介をします。 ぼくはみんなに小説を読んで欲しいなと思っていますので、 小説の紹介を時折しています。 紹介するのは『バチカン奇跡調査官 アダムの誘惑』です。 バチカン奇跡調査官 アダムの誘惑 (角川ホラー文庫) 作者:藤木 稟 発売日: 2019/0…

「ハッタリの流儀」を読んで、意外な答えを知る。

ぼくは小説をもっと読んで欲しいなと思っている。 何故ならば小説を読んでも役に立たないから。 だからこそいい。 人はそういうものに時間を費やすべきなのです。 それに比べてビジネス書は役に立つ。 だからこっちの方が売れる。 ぼくもついつい買ってしま…

バチカン奇跡調査官 鳴るはずのない鐘と青い鳥 

今回紹介するのは「バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘」です。 バチカン奇跡調査官の14作目にあたる作品です。 バチカン奇跡調査官 ジェヴォーダンの鐘 (角川ホラー文庫) 作者:藤木 稟 発売日: 2018/04/25 メディア: 文庫 バチカン奇跡調査官とは、バチ…

豪華クルーズ船の旅。突如海から出現した巨大な十字架。これは奇跡なのか!?

「バチカン奇跡調査官」という小説をご存知でしょうか。 2007年12月の刊行いらい現在間で19巻が出ている人気シリーズです。 最新巻が15巻で(2019年7月現在)でそれに加えて短編集が4冊出ています。 累計100万分越えで、アニメ化もされています。 著者は藤木…

生死を分ける選択を迫られるも、提示されたヒントの意味がわからない。どうする?

今回紹介するのは、貴志祐介さんの「罪人の選択」という短編小説です。 登場人物は3人。 殺したいと望む人。佐久間茂。 殺されようとしている人。磯部武雄。 見届け人。浅井正太郎。 時は1946年。終戦間もないころです。 佐久間と磯部は「茂ちゃん」「タケ…

他の惑星に移住した子孫たち。似て非なる日本人の奇妙な生活。何があった?

出ました。 2年半ぶりの新作ですね。 貴志祐介さんの短編集『罪人の選択』. 収録作品は4本。 その中にはあの『新世界より』の刊行後ほどなくして発表されたという 「呪文」という作品ががあります。 今回はその「呪文」に絞って書きますね。 この物語は人間…

アルバイトの募集で来たはずだが・・・。ここはどこだ。

今回紹介するのは『クリムゾンの迷宮』です。 貴志祐介さんが生み出した名作のひとつです。 クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫) 作者:貴志 祐介 発売日: 1999/04/09 メディア: 文庫 何度も読んだからでしょう。 ページがとれそうになっています。 新しいのを…

おいしいたいやきを焼く女の子と出会う話。

今回紹介するのは『静かな雨』という小説です。 作者は宮下奈都さん。 宮下奈都さんといえば『羊と鋼の森』で有名になりましたよね。 ぼくもその小説で知りました。 直木賞候補になり、本屋大賞を受賞されました。 山﨑賢人さん主演で映画化もされました。 …

目が覚めたら駒になっていた。王将となって将棋に似たゲームで戦う。

今回紹介するのは「ダーク・ゾーン」です。 作者は貴志祐介さんです。 貴志祐介作品は「黒い家」を読んで以来かなり心酔しております。 かなりレベルの高い作品を書いていると思うのですが、 この「ダーク・ゾーン」は賛否両論ですね。 『ダーク・ゾーンにつ…

「麒麟がくる」を見ている人なら。

NHKの今期の大河ドラマは「麒麟がくる」ですよね。 主役は明智光秀です。 日本史最大のミステリーともいわれる、「本能寺の変」 何故、明智光秀は織田信長を襲ったのか。 ぼくは特に歴史好きではありませんが、この辺りの事には俄然興味があります。 ですか…

人づきあいに悩むなら「友だち幻想」を読もうよ。

ソリタリーに関するサイトを探り、 そこに紹介されている本をいくつか読みました。 その中でこの「友だち幻想」が最も大きくうなずけた。 友だち幻想 (ちくまプリマー新書) 作者:菅野 仁 発売日: 2008/03/06 メディア: 新書 そこで今回はこの本について自分…

人といると疲れると悩んでいる方

人といると本当に疲れてしまいます。 どうしてなのか。 何かいい対処方法はないのか。 そのあたりのことをネットで探っていたら、 その原因は 「はっきりと自己主張していないから」だそうです。 人付き合いで疲れてしまう人は、 自己主張せず、意見を相手に…

1000年後の日本人はみんな神様と呼ばれている。

ぼくが今まで読んだ中で一番面白かった小説を紹介します。 「新世界より」貴志祐介著 この物語にぼくなりのキャッチフレーズをつけるならば、 『痛快超能力ファンタジー。 されど、読後にホラーと気づく』 物語は1000年後です。人類は超能力を手に入れて…

HSPとは何だ。

HSP(highly sensitive person)とは、人一倍繊細で人の気持ちや光・ 音・香りなどの刺激に敏感な人たちのことを指すそうです。 暮らしっく | HSPの総合情報サイト 15~20%くらいは存在するそうで、内向的で物静かな性格で 大人数でいるよりも一人でいること…